2016年8月21日 カラ迫岳

気になる名前のカラ迫岳

山口登山口~東ルート~カラ迫岳~西ルート~登山口

なぜか名前が気になっていたカラ迫岳。
どうして カラ 迫 岳 なんだろう・・・?
案外簡単に登れる山のようで出かけてみることにしました。

登山口は山口集落の先。
最初はこんな感じで藪っぽいので、どうなるかな~ と思いました。
f0372285_18464445.jpg
がすぐに普通の登山道になり、ほっとしました。
日の光が降り注ぎとってもきれいでした。
f0372285_18463385.jpg


この山には金鉱があったそうで、その跡が残っています。
まずは竪穴。これは深そう。

f0372285_18461161.jpg


そして横穴。

f0372285_18455138.jpg


登山道横にもありました。
人が入るのが危ないようで封鎖してあります。

f0372285_18453443.jpg


稜線に出ると藩境石が点々とあります。
長崎街道を歩いた時に何度も目にしました。懐かし~

f0372285_18451604.jpg


開けたところからは、石割山や平野岳が見えます。

f0372285_18445555.jpg


一時間ほどで山頂です。
山がいっぱい見えています。広域の地図を持って来ればよかったな~
右のとんがりは先日登った渡神岳と思いましたが、調べると御前岳で、その後ろに釈迦が岳が見えていました。
渡神岳は中央部分の三角のようです。

f0372285_18443295.jpg


狭い山頂の標識です。

f0372285_18431535.jpg


帰りにもう一度境石を見てみると、七拾と書いてありますがあとは読めません。

f0372285_18425671.jpg


もう一つは 従是(これより) と書かれています。
街道歩きの時には 従是佐嘉藩 などと書かれていました。

f0372285_18423849.jpg


山頂までは東ルートで歩いてきましたが、下りは西ルート。

f0372285_18422067.jpg


きれいなところもありましたが、急下り~

f0372285_18415499.jpg

ところで、カラ迫岳の意味は…
なんでもこの山は知られておらず、お隣の熊渡岳がこの地区の最高峰とされていました。
が、国土調査でこのピークが最高峰とされ、公募でつけられた名前が カラ迫岳 だったそうです。
カラは 空っぽ の意味かな。
迫は せまる
なので、空沢が迫っている山 ということなのか??? なぞはなぞだ~

軌跡などは YAMAP で。


[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-08-22 18:58 | 福岡県の山

ぼちぼち登る山のレポートです。


by kazehasoyosoyo
プロフィールを見る
画像一覧