カテゴリ:未分類( 10 )

今年もありがとうございました。

今年も今日で終わりです。
あっという間の一年でしたが、
何があったの? 何をしたの? どこに行ったの? どの山に登ったの?
といわれると即答できないお年頃でして~(笑)

それにこのブログもパソコンが壊れ、買い換えた時点で、
以前使っていたアプリが消えたもので、
写真のサイズを小さくするのがめんどくさくなってしまいました。

それでブログアップをせずにいました。
しかし、スマホのYAMAPというアプリで軌跡つきで簡単にアップできるようになりましたので、
そちらでレポートしています。

山のレポートはこちらでご覧ください。

ではみなさんよいお年をお迎えください。




[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-12-31 10:26

2016年11月23日 銀鈴渓 烏帽子岳

銀鈴渓で渓谷美に感動

轟渓谷駐車場~銀鈴渓谷~金泉寺下登山口~林道~登山道~烏帽子岳~轟渓谷駐車場

どこに行こうかな~と考えていましたが、久しぶりに轟渓谷側から登ってみることにしました。
多良山系には多くの登山道がありますが、案外轟側からは登りません。
久しぶりなので、きょろきょろしながら歩きました。

この滝は楊柳の滝で車道のそばにありますが、轟渓谷では一番の高さのようです。

f0372285_22210305.jpg

そのそばにあるこのお手水。なんとも雰囲気があります。
f0372285_22205041.jpg

さて、どのルートをとろうかなと考えましたが、銀鈴渓を歩くことにしました。
遊歩道として整備されたようですが、
あれているのでうかつに入り込まないようにとガイドブックか人づてに聞きましたので、敬遠していたのです…
それから数十年が流れ~ まあなんとかなるんじゃないの と~
考えたらもっと荒れているかもしれないんだけどねえ。

実際は遊歩道というには荒れていますが、登山道としてなら有りかな。

歩くと次々に滝が現れます。
その美しさに見とれつつ歩きました。

この境川は沢登りの人に人気の川なのです。
私も以前遡上したことがあります。
f0372285_22202844.jpg

沢登りの時は次々に滝が現れ、釜もあり、緊張を強いられる場所もありました。
釜を泳いだり、滝を登ったり、危険な場所をクリアすることに夢中でした。
滝の美しさを堪能するよりも、滝を登れた自分に満足していたのかもしれません。
なので、その美しさを心ゆくまで楽しむことはなかったように思います。
f0372285_22202148.jpg
遊歩道もこんなちょっと危険な場所もあったりしますが、
気をつければ大丈夫。
f0372285_22201044.jpg

歩いていると、足を止めて見入ることができます。
こんな滝もあったんだねえ。
f0372285_22200323.jpg

そしてこの美しさに感動。
しばらく見とれてしまいました。
きっと沢の時はあの滝をどうやって突破するかに心はいっていたんでしょうねえ。
f0372285_22195051.jpg

ありがとう! って思わず叫んでしましました。
f0372285_22193464.jpg

次々に現れる滝。それぞれに名前がついていますが、今となってはどれがどれやら~
f0372285_22180759.jpg

なんてきれいなんでしょう。
昨年の秋、東北の奥入瀬渓谷を歩きました。
なだらかに流れる渓谷のすぐそばを歩け、何より車からすぐの場所にあるので人気の場所です。
そのときも感動しましたが、こちらも負けてないと思いました。
ただ、境川のそばにも車道はありますが、車道からは簡単に降りられないし、見ることができません。
もし奥入瀬渓谷のように車横付けだったなら、間違いなく観光スポットになったことでしょう。
この渓谷は険しく、歩くのも簡単ではありません。
だからこそいいのだと心から思いました。
f0372285_22175695.jpg

あまりの美しさに涙が出そうになりました。
本当にありがとう。
f0372285_22174581.jpg

水量が多く、向こう岸に渡ることができなかったので、そのまま遡上しましたが、
少々荒れ気味でした。
f0372285_22171122.jpg
金泉寺下の東屋で昼食後、ちょっと考えましたが、
これまたお久しぶりの烏帽子岳経由で下山することにしました。
最初は放置林道。放置林道を歩いたことがある方はわかると思いますが、
茨有り、藪有り、石ごろごろあり、おまけにバカ有り~
ようやく登山道になったときにはほっとしました。
f0372285_22172205.jpg
途中にある大木。
よくきたね っていってくれているかなあ~
f0372285_22170030.jpg

烏帽子岳の山頂付近は大岩ゴロゴロ。
迷路のようになっています。
f0372285_22163964.jpg
いったん林道にでて、遊歩道があるのですが、今回は適当に下山しました。

いや~ 感動の一日となりました。
本当にありがとう!

軌跡などはこちらで




[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-11-23 23:05

2016年11月9日 雲仙

雲仙の紅葉は見頃

雲仙の紅葉の様子が気になりながらなかなかいけませんでした。
今日はお昼から用事がありますので、朝の内に大急ぎで様子を見に行くことにしました。
走る間は青空が広がり 山日より~! と思いましたが、雲仙はすっぽりガスの中。
な~んにも見えません。

でも鬼人谷のところに来ると時々ガスがとれてきました。
そして、神様はプレゼントをくれました。
きれいです! この一瞬だけでもやってきてよかったと思うのでした。

f0372285_19562339.jpg


あちこちに鮮やかな色がのぞきます。

f0372285_19360036.jpg

足下には落ち葉
f0372285_19340787.jpg

敷き詰められています。
f0372285_19342983.jpg

友人と約束したので白雲の池にも行ってみました。
f0372285_19330140.jpg


その名の通り白雲の池になっていました。
そこから見る雲仙はガスがとれておりすっきり。
早起きは三文の得と言いますが、今日はねぼすけの方がよかったな~
今ごろ歓声が響いていると思うとちょっと悔しいそよかぜでした。
f0372285_19332157.jpg
いやいや、そんなこと言っていられません。
さあ帰らなくては~

でもご覧ください。


[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-11-10 19:55

2016年10月20日 九重連山 大船山

大船山の紅葉はきれい

長者原~雨ヶ池~坊がつる~段原~大船山 往復

大船山の紅葉がきれいになっている頃なので出かけてみることにしました。
狙うのは平日だね~
長者原のススキの原もきれい。




f0372285_22421683.jpg

三俣山もいいんだろうな~
f0372285_22420594.jpg

坊けつるの湿原越しに見る大船山は赤くなっているようです。
f0372285_22420014.jpg

大船山~ ここら辺は今からがきれいいでしょう。
f0372285_22415567.jpg

登りながら振り返ると赤いなあ~
f0372285_22414984.jpg

そして御池は~ きれい!
f0372285_22414248.jpg

湖面に映る紅葉がすてき。
f0372285_22412785.jpg

見とれてしまいました。
f0372285_22411894.jpg

ずっと居たい気持ちを振り切って~ 帰らねばならぬ~
何度も振り返ります。
f0372285_22405126.jpg

遠くには祖母山系が見えていました。
f0372285_22402621.jpg

こちらは由布岳。
f0372285_22401131.jpg
今年の大船山の紅葉を見ることができてよかったな~
軌跡などはこちらで 



[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-10-25 22:55

2016年10月10日 東北遠征3座目 磐梯山

東北遠征3座目 磐梯山
八方台~弘法清水~磐梯山 往復

今日は磐梯山へ登ります。
本日は休日とあって八時前から駐車場は満車状態。
満車なら手前に停めて延々と歩かなければなりませんが、
なんと係員さんのご厚意により登山口の真ん前に停めさせていただきました。ラッキー!

登り初めのブナの森のなんともきれいなこと。
うっとりしました。
f0372285_22020955.jpg
少しずつ色づいてきている森もとてもすてきです。
f0372285_22033912.jpg

展望が広がると磐梯山の爆発によってできたたくさんの湖が見えました。
自然の営みの怖さでもありますが、今となっては美しい。

f0372285_22031487.jpg

  1. 麓をよ~く見ると不思議な色の池が点在しています。
f0372285_22030786.jpg

お~ きれい。色がはっきりしてきました。
f0372285_22030118.jpg

途中に弘法清水という場所があり二軒の小屋がありました。
そこでちょっとだけ休憩してさらに上に。
小屋から上は急になりますが、一歩一歩。
ここが山頂。小さな祠がありました。
でも山頂標識はちょっと下がった場所にあり、写真撮影も順番待ち状態。

f0372285_22025610.jpg

下りは登ってくる登山者との離合でたいへん。
小屋からちょっと下った場所から見上げると磐梯山が色づいていました。
f0372285_22025282.jpg

反対側は火山を感じさせるように荒々しい山容でした。
f0372285_22023470.jpg

いやいや~ なんともきれいだねえ。
f0372285_22022830.jpg

こちらはお湯が出ている場所で、焼けた小屋跡がありましたので営業していたのでしょう。
中ノ湯跡とうところです。
f0372285_22021326.jpg

この山でも多くの方と出会いました。
中でも二本松からおいでになったご夫婦とお話ししながら歩けてとても楽しかったです。
この山は若者にも人気のようで、賑やかな声が響いていました。

下山後は会津若松へ行き、飯盛山の白虎隊自刃の池や鶴ヶ城を見学しました。
会津若松はいつかゆっくり見学したいような街でした。

明日は安達太良山に登ります。

軌跡などはこちらでご覧ください。




[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-10-17 22:32

2016年9月8日 経ヶ岳


多良山系も秋の花

秋の花たちにあいにでかけてみました。
天気予報では 爽やかな一日 とさかんに言っていましたが、
山は曇りがちで湿気も多く、とても爽やかとはいえませんでした。(笑)
汗ダラダラで登りました。

それでも木漏れ日がガスにあたり、幻想的。

f0372285_22212253.jpg



クサアジサイのピンクがとてもきれいでした。

f0372285_19440610.jpg



それに、あちこちで地味な花畑になっていて~

f0372285_19424704.jpg


クサヤツデもボチボチ咲き始めていましたが、
この花の茎は細くてユラユラ揺れるので毎度苦戦します。
まあこの程度でお許しあれ~

f0372285_19423014.jpg


そうめん滝もいい感じで糸を引いています。
すだれみたいできれい。

f0372285_19420303.jpg


さて~鎖場はちょっと濡れているので要注意。
ゆっくりゆっくり登りました。

f0372285_19414187.jpg


ガスっていて展望はいまいちだった山頂です。
ここまでKさんともう一方としか会いませんでした。
こんな時もあるんだねえ。

f0372285_19412675.jpg


大払谷は夜かと思うくらいに暗くて、足元注意でした。
それに梅雨の大雨の影響でしょうか、少々荒れ気味です。

さて、今日であった花さんたち。
アケボノシュスランはこれからが見頃の模様。

f0372285_19410735.jpg


あちこちで見かけました。

f0372285_19404851.jpg


ツルリンドウさんもたくさんの花を咲かせていました。

f0372285_19400214.jpg


これまた大好きなツルニンジンさん。
会えないかな… と思っていたらこれまたあちこちで~

f0372285_19394336.jpg


ベルを鳴らして大合唱でした。

f0372285_19392204.jpg


そして、やっぱり一番嬉しかったのはこのお嬢さん。
黄色いドレスがすてきでした。

f0372285_19402713.jpg
楽しんだ多良山系でしたが、下山するころには汗でびっしょりになってしまいました。

こちらでもご覧ください。YAMAP


[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-09-10 20:02

2016年8月31日 万年山

万年山は秋の風
吉武台牧場~避難小屋~アルクスコース~はなぐり岩~稜線~万年山~吉武台牧場

あんなに暑かった残暑の日々が嘘のように涼しい風が吹いています。
万年山は草原状なので、これまでのような酷暑だったら大変だろうなあ と思っていましたが、
今日はその心配はなさそうです。

万年山へは数度登っています。
吉武台牧場からの簡単コースや周回コース、それにカラ谷や黒猪鹿コース。
でも、今日はお初のアルクスコースを使うことにしていました。
どんなコースかな。お初のルートはワクワクします。

途中から見える万年山。
後で行くからね~

c0179351_21481305.jpg


まんじゅう岩の付近にはヒゴタイが植栽されています。
以前は自然にあったのかもしれないけどなあ。

c0179351_21472408.jpg


牧場の中の道は青空へ向かっているよう。

c0179351_21470925.jpg


まっすぐに行くとそのまま万年山ですが、今日は右のアルクスコースへ。
この時期は予想通り萱が茂っているところがあり、かき分けて進まなければなりませんでした。
でも足元がいいのでそんなに大変でもなく~

60分ぐらい歩くとはなぐり岩との分岐にやってきました。
左手は階段で稜線へ。

c0179351_21465250.jpg


こちらははなぐり岩経由で稜線へ。
で、はなぐり岩経由を選択。

c0179351_21462888.jpg


これがはなぐり岩。
自然にできたのかな。

c0179351_21460236.jpg


潜り抜けて振り返るとありました~
仏様の横顔。

c0179351_21454057.jpg


稜線までは結構な急坂。
お助けロープが張ってありました。

c0179351_21451767.jpg


稜線に上がりちょっと進むとベンチがあり、近くに展望岩がありました。
お~ 気持ちのいい眺めです。

c0179351_21442145.jpg


こちらは遭難碑(どんな遭難だったのか?)のある場所の岩場からの眺め。
涌蓋山が見えています。

c0179351_21440048.jpg


ヒヨドリソウが咲き始め~

c0179351_21433531.jpg


風が強くて苦労して写したワレモコウ。
よ~く見ると、ほんと花!

c0179351_21431538.jpg


時にススキの海を泳いだりしながらたどり着いた山頂にマツムシソウがチラホラ。
数はそんなに多くないし、小さめのマツムシソウでした。
山頂でお弁当を食べている間、風が吹き寒い!
まだ8月よ~ 今日までだけど。

下山は吉武台へいやな階段下りであっという間に終了。
ヒゴタイとも出会えて楽しい一日でした。

c0179351_21422967.jpg

軌跡などは YAMAP で。



[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-09-01 22:43

2016年8月27日 天山


この時期はやっぱりマツムシソウでしょう
天山上宮~岸川ルート~林道~藪道~天山~上宮

マツムシソウが見たいなあ~
と思っていましたが、暑くて暑くて~
マツムシソウのお好きな場所は草原状のところで・・・
ということは日影なしということで・・・
でも、今日は涼しい風も吹いていますので、ぶらりと出かけることにしました。

f0372285_10515131.jpg
車の中から見る天山はなんとガスがかかっていました。
お~ 涼しそう。
登りだすころにはガスは取れていましたが、それでも曇りがちで涼しい~
天山上宮の池の鯉は人影を見るとすぐによってきます。
お腹がすいているのかなあ。

f0372285_10512412.jpg


池のそばのお社の左にあるのは竜神さんかなあ。
それに狛犬は肥前狛犬のよう。

f0372285_10511013.jpg


登りだすとシギンカラマツがあちこちに咲いていました。
この紫のつぼみがかわいいね~

f0372285_10503363.jpg


でもこの日の主役は、毎度名前を忘れそうになるイタドリでした。
あちこちで鮮やかな色を見せてくれていました。
イタドリは雌雄別株で、食べられ、女性に優しい薬にもなり、止血作用もあるとか。
痛みをとるからイタドリとか。
このベニイタドリは、花と思っていたら実だそうです。

f0372285_10501254.jpg


オカトラちゃんはもう終盤で、穂先に少しだけ花をつけていました。

f0372285_10495508.jpg


ノダケは今からのようで、これはやっと開いたって感じ。

f0372285_10493590.jpg


とちゅうから岸川ルートに入り込みます。
ここは天山とは思えないような森の中。

f0372285_10491504.jpg


いったん今は車は通行止めになっている林道に出て、いつもの散歩道を歩く予定でした。
が、途中でご老人と出会い、ここからも行けるよ と言われ入ったところが大藪で。(笑)
悪戦苦闘し、行くも地獄帰るも地獄状態になり~
歩きやすいところを適当に登って山頂にでました。なんでこうなるの?

さてホトトギスもいろいろありますが、ここのは色白で上品な感じがします。

f0372285_10485531.jpg


そしてホソバノシュロソウ。
この色がイメージさせるか、どうもゴキちゃんを思い出してしまうのですけど~(笑)
でもしべの金色があるとちょっとすてき。

f0372285_10482988.jpg


アキチョウジがかくれんぼしていました。
まだまだこれからの花ですね~

f0372285_10475255.jpg


お~ つぼみのたくさんついたツルリンちゃんもかくれんぼ。

f0372285_10472749.jpg


そしてきれいなマツムシソウとご対面。
天山のマツムシソウは終わりのものも多いようです。

f0372285_10465839.jpg


山頂には多くの方が集っていました。

f0372285_10454682.jpg


ここに来たらキュウシュウコゴメグサを見なくちゃね~
キュウシュウと名前がついているのはなぜ~
調べたら、九州だけでなく近畿・中国地方にも分布しているとか。
米粒ぐらい小さいから小米草なんだとか。

f0372285_10443525.jpg


これからお楽しみのトリカブトちゃんはまだ生まれたて~

f0372285_10441520.jpg


帰るころには黒雲に覆われ、いかにも降りそうの様相になってきました。
それでもおかげで涼しく歩きやすく助かりました。

f0372285_10435252.jpg

軌跡などは YAMAP で。



[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-08-28 12:16

2016年8月24日 雲仙

雲仙も秋の気配

仁多峠~妙見神社~新道~普賢岳~薊谷~仁田峠

先日登った多良山系も秋の気配になっていました。
なら雲仙はどうよ~ ということで出かけてみました。
とは言いながら、麓は今日も赤マークの熱中症点滅状態です。
これは暑いだろうなあ… と思いつつ向かいましたが、なんと雲仙は曇り~(喜)

歩き始めるとゲンノショウコのかわいい花がいっぱい。
かわいいのですが、ありふれているのであまり気に留めないのですが、今日はちゃんと写しました。
f0372285_11040675.jpg

お~ 今日はオシドリの池が一段ときれいです。
f0372285_11035429.jpg


大好きなコフウロちゃんが咲いていました。
この可憐さがなんともいえんねえ。

f0372285_11033316.jpg


アキノキリンソウもボチボチ咲き始めています。

f0372285_11031444.jpg


ホツツジはいよいよ終盤かな~
ほんのり紅がかわいい。

f0372285_11025790.jpg


こちらツクシミカエリソウは今からが本番。

f0372285_11024016.jpg


この時期、新道歩きは快適。
風穴だけじゃなくて、あちこちから冷気が噴出して気持ちいい。
動きたくな~い。で、しばし涼をとりました。

f0372285_11020935.jpg


ダイモンジソウは今年の暑さがこたえたようで、少な目~
でも咲いていてくれました。

f0372285_11014636.jpg


フクオウソウは元気に咲いていました。

f0372285_11012340.jpg


霧氷沢で一番元気だったのは、ツクシコウモリ。

f0372285_11005557.jpg


私が主役よ と言わんばかりの花園。

f0372285_11003305.jpg


いつもならこちらが主役なんだけどねえ。

f0372285_11000734.jpg


でも、ほんとうはこちらも目立っていました。
ノリウツギ。もう終盤ですけど。
目立っていたけど、あまり興味がなく無視していたのですが、
ここまで主張されると写さずにはおられず~(笑)

f0372285_10593895.jpg


クサアジサイもかわいいね。

f0372285_10591915.jpg


ソバナもあちこちに咲いていました。

f0372285_10590449.jpg


というふうに、秋の花たちが咲いていた雲仙の山でした。

下山後はグリーンテラスでお食事。
ここでレシートにスタンプを押してもらうと、東洋館・有明ホテル・あと一つはどこやったかな?
の三つのホテルの入浴が半額になるんですよ。
で、今日のお風呂は東洋館。気持ちよかった~

軌跡などは YAMAP で。


[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-08-25 11:29

新しいブログで

ブログの画像容量がいっぱいになりましたので、今後こちらでレポートいたします。
引き続きよろしくお願いします。
f0372285_21281586.jpg

[PR]
by kazehasoyosoyo | 2016-08-21 21:30

ぼちぼち登る山のレポートです。


by kazehasoyosoyo
プロフィールを見る
画像一覧